熱いおしぼりはついつい顔にのせたくなってしまう

ご飯を食べに行ったお店で熱いおしぼりが出てくると、顔に乗せたくなるのはなんででしょうかね。
ちょっとお行儀が悪いとはわかっているものの、もし、誰にも見られることがなければ乗せてしまいたい衝動に駆られます。
自分の家でも、蒸しタオルをしたりすることがあるが、あの気持ち良さは格別です。
この前、友だちと行ったビアバーでもあっつあつのおしぼりを出してくれたのですが、二人して「顔に乗せたら気持ちいいだろうね」なんて話をしていました。
あの、じんわりと温まって毛穴が開いていくような感じがいいのかもしれません。
それから、普段、あまり顔を温めるということがないのも、余計に気持ちよく感じられる要因の一つかもしれません。
基本的に体のパーツの中で、顔だけは常に露出している状態ですよね。
お風呂に入っている時も、体はお湯に浸かって温めたりしますが、顔はずっと浸けておれば溺れてしまうし、あまり温めたりすることはないですよね。
特に女性はメイクなどもあるので、気軽におしぼりで顔を拭いたりすることができないので、なおさら特別なことのように感じられるのかもしれません。