娘たちの楽しみにしていた運動会がありました。

子供の運動会がありました。
7時には家を出ました。
場所取りは前日に住んでいたのですが、遅くいくと駐車場を探すのがとても困難なのではやめに行きました。
娘たちの学校では人数が多いため、奇数の学年の生徒たちのみが徒競走を実施します。
今年は二人とも奇数学年だったので徒競走がありました。
二人ともとても緊張しているように見えました。
結果は惜しくも二人とも4位でした。
とてもよくがんばりました。
ダンスもありました。
上の子どもは「よさこい」でした。
最初は娘の場所を確認できたのですが、移動しているうちにどこにいるのか分からなくなってしまいました。
「よさこい」は勢いがあってとても良かったです。
下の子のダンスは「ゆず」の「君に合えて良かった」という曲に合わせたダンスでした。
ペットボトルにカラフルなぼんぼんを付けて踊っていました。
こちらは初々しい、かわいらしいおどりでした。
二人ともよく頑張ってさすがに疲れたようでした。
来年もまたがんばってほしいと思います。ネットでお金を借りる

電力自由化…我が家は結局従来通りで充分なようです

電力自由化され、いろいろな電力プランがでてさぞ料金が安くなるのではと期待していました。
しかし、ふたを開けてみれば、どうも今までとほとんど変わらないようで…。
2社ほど、電気料金を見積もってもらったんですが、結局料金はほとんどかわらなかったんですよ。
多分うちの電気料金がもともとそんなに高くないからなんでしょうね。
よくよく考えると、東日本大震災・福島の原発事故以来、ずーっと節電に取り組み、家電も買い替えてきた我が家の電気料金は、ピーク時の半分程度まで下がりました。
これ以上下げようもないのでしょう。
他社も、格別安い電気が作れるわけではないし、配電施設は既存のものを使っているわけなので、安くするとしたら時間帯割引とか、従来の他の商品やサービスとセットでお得にするぐらい。
そういう割引だと、電気代がたくさんかかっているお宅ならそれなりに安くすることもできるみたいですが、うちのように基本料金に毛が生えた程度しか使ってない家ではもう安くなりようもないみたいですね。キャッシング 即日 おすすめ

あの飼い猫が見つめていたものは

累計すると、今や何十年代という歳月をネコと共に暮らしてきました。
プライドじゃないけど、資産をだしてペット売店から買い求めた高級な猫は1匹もいません。皆野良猫だ。連中と過ごした毎年にはうれしい諳記もたくさんありますが、具合が悪いことに気付くのが遅れて生じるネコが亡くなったときは、立ち直るの数年を要しました。ネコは院内ではなく放し飼いとしていましたので、ご近所のクライアントにご無礼したと思います。

近所のアパートに、たいてい数年にかけて純白なネコを飼っていたクライアントがいる。飼い主がどんな人なのかわかりませんが、ゼロがちの人のようで、外出時は窓を開けたままにしてありました。白いネコは通常、ちっちゃな網戸越しに出先を眺めていました。そのアパートはぽっきり、通勤道順についているので、私もそのネコのことを通常見ていたのです。アパートの近辺にはたえず、野良猫がたむろしており、繁殖時世には生まれたばかりの子猫がじゃれ見合う着こなしをとことん見かけました。白いネコは連中にかけて金切声を売るでもなく、ただ、黙って熱心に外の基盤をみようとしていました。

だが、2ウィークほど前から白ネコの姿が見えなくなっていることに気がつき、胸騒ぎを憶えました。ただ、ホールの移設しただけか、またはスキをみて、逃げ出したのかもしれません。ですが、病で亡くなってしまった可能性もあります。こちらはくらし、外の基盤をわかることがなかったかもしれないあの白いネコが、毎年、何をみていたのか、何を思っていたのかと少々センチメンタルになっています。子供 視力回復

ジシバリといったツユクサってハコベにあたって勉強した

花の場所において習得しました。ジシバリ(スポット縛り)は、キク科で茎は長くスポットをええ、その先で根をはりまた伸びて、壌土を結わえるようにおおいます。葉や茎を下回るという白い汁が出てきてなめるという、にがみがあります。岩の間の少しの土地にも根をはるのでイワニガナともいいます。ツユクサ(露草)は、ツユクサ内容で高さ20〜50cmになり、花期は6ひと月〜9ひと月だ。昼前開いた花は昼間にはしぼみます。その短命が言い方の源だ。花びらの汁を青花って済む、染色に用います。青色のことを花色というのもこのためだ。ハコベは、ナデシコ科で春の七草の1つでハコベラともよばれます。鳥やウサギのえさになり、おひたしとして食べるとうまいだ。朝日が引っかかると花が解くのでアサシラゲともいいますが、天気の腹黒い日光は開花しません。花の氏名において勉強してきましたが、聞いた場所起こる花の氏名もありましたが、知らなかった花の氏名もあったので花に対して知れて良かったです。エピレ VIO

図書館と自宅での、音響設備の違いに気付いた1日

最近は休日に図書館から、フジコ・ヘミングさんのCDを借りてくることが楽しみだ。先日も図書館にあるフジコさんのCDを全て纏めて借りて来た。CDだけでなくフジコさんが執筆した本までも、一式借りて来た。それから図書館のビデオ視聴席では、フジコさんのビデオ(とDVD)を半日がかりで楽しむ。図書館のスタッフさんにも大のフジコさんファンだと言われ、驚かれてしまった。
フジコさんの演奏は「練習曲」や「前奏曲」というタイトルの付く曲の価値を、タイトル以上に引き上げてくれるピアニストだ。演奏を聴く度に、「練習曲」は「演奏会用の大曲」に、「前奏曲」は「メインの作品」になってしまう気がする。それは図書館で聴く時も、家で聴く時も変わらない。
しかし、音の聴こえ方で気になることがあった。それは、図書館と自宅での音響設備の違いだ。設備が違う分、音の響きが微妙に違うように感じる。私の場合は、自宅の音響設備はお世辞にも良いとは言えないので、フジコさんの演奏が「フジコさん」らしく聴こえない。図書館で聴くのと大違いだ。
自宅での音響設備も整えて聴くことで、演奏の価値をもっと高められるかもしれない、と実感した1日だった。キレイモ 無料カウンセリング

ケンカばかりだけど本当は仲良しなチワワと猫

チワワと白猫。犬と猫が仲良く生活するなんて前は考えられなかった。猫の方が年下だから、犬にちょっかいをかける。猫に追いかけ回され、後ろ足をつかまれ、不意に背中に飛び乗られる。猫の方が体も大きくなっているのに。それでも犬は我慢しているのか、親のような気持ちなのか鼻の所に皺を寄せて怒って噛みつこうとするけど、パクパクとするだけで噛みつかない。それで猫は調子にのり、また犬にちょっかいをかける。犬が唯一猫に反撃するのは猫が残した鰹節を盗み食いすること。猫は少しずつ食べて、お腹が空いたらまた食べる。猫が残した鰹節を食べようと戻ってくると犬が食べてなくなってる。本当はどう思ってるか分からないし、確かめようがないがその光景を犬が見てざまぁみろと思ってるんじゃないかなと思う。今までで書いた中で仲が良いとこなんてまったく見当たらない。でも本当は仲良し。猫がご飯を食べてる近くで犬が待ってると、ポトンと一粒二粒エサを落としてみたり、犬のおやつを棚から出してきて袋を破き二匹で一緒に食べたり。結構協力しあってる。一つの狭いベッドで熱い夏でもひっついて一緒に寝て、毛繕いしあってる。チワワと白猫。これからもケンカして仲良しして協力して一緒に過ごしていくだろう。そうゆう光景を見ている私はとても幸せ者だと思う。アリシアクリニック

東京都知事・舛添さんの公費の無駄遣いについて

最近、連日のように東京都知事である舛添さんの公費の私的流用のニュースが取りあげられています。公用車での別荘通い、海外出張でのファーストクラス、高級ホテルの利用、家族の食事における公費の使用など。1つ出ると、次々に出てくるもので、都民が知らないうちにこれだけ私的に税金を使用していたのかと思うと、あきれるばかりです。きっと舛添さんだけではなく、過去の都知事も贅沢三昧に税金を使用してきたと思うのですが、なぜ舛添さんだけこれほど叩かれるのかと考えました。きっと石原さんはもっと使っていたのではないかと思うのですが、彼は都知事としてあらゆる政策を打ち出し、実行し、結果を残したので豪遊しても誰も何も言えない。その前にあの人柄だけに怖くて何も言えないというのが本当でしょうか。舛添さんは東京都に対して、特に大した政策を行っておらず、結果もないので叩かれてしまっています。あのファーストクラス代、高級ホテル代、高級レストランでの食事代のすべてをまとめれば、東京都における保育園待機児童問題の解消に少しは役立ったのではないかと思います。問題は保育園だけではありませんが、少しでも都のためにと思っているならば、あれほど豪遊三昧できないのではないでしょうか。次期知事には、税金を無駄遣いしない人を選びたいと強く思います。銀座カラー 予約

大丈夫か?と思う戦力でよくやっている高橋由伸監督

 先発投手で信頼できるのは菅野だけ、打率3割越えは坂本だけという今のジャイアンツの戦力でセリーグ1位にいるだから高橋由伸新監督はよくやっているのでしょう。特に先発投手が田口などの若手もちらほら出てきてはいるものの、実質菅野だけという状態で必死のやりくりでなんとか試合を作っているのだからたいしたものだと思います。思い返せばシーズン開幕前から野球賭博問題で波乱の船出となった監督初年度ですが、そんな逆境をなんとか耐えつつ試合を作っているように思います。
 監督就任の報道ができたとき、現時点では監督適任者が由伸しかいないとは思っていたものの、現役選手としての高橋由伸ファンだった私としては、まだまだあのバットのヘッドがきれいに立った華麗なスイングをみたいと思っていたので、非常にさみしい気持ちになってしまいました。
 しかし、まだシーズンは序盤ですが、いまの由伸監督を見ていると「やはり監督は由伸」しかいなかったんだと妙に納得してしまいます。現在は、非常に苦しい状況の中で戦っているので、もう少し楽な展開になるよう阿部や内海あたりが復調してくれればと思います。がんばれ由伸!銀座カラー 予約

にょきにょき生えるニラから始まる家庭菜園

今年も我が家の小さな畑もいよいよスタートといわんばかりに、種を撒き苗を植えて手をいれているのだけれど、もう既に収穫できそうなものがあります。
それはニラ。

ニラの最高なところ
収穫しても収穫してもすぐ生えてくる!
家庭菜園ではよほど上手に育てないと少し小さめのニラが出来上がるのですが、刈っても次の日には伸びているのが分かる生命力。
水と肥料を十分に与えていれば、春から雪が降るまで収穫を繰り返せます。
刈るたびに少しずつ痩せていきますが、そうしたら株を休ませると翌年には復活します。

病気知らずで非常に丈夫!
サビ病という病気はありますが、露地栽培ではそれほど見るものではないです。
少なくとも我が家では全く手をかけていませんがニラだけは毎年健康そのものです。
何か病気や害虫にかかってもとりあえずその部分を刈ると何事もなかったかのように生えてくることも多く、また増やすのも簡単なので悪い部分を抜くのも気楽にできます。

デメリットは種からの場合、収穫まで2年かかるくらいで、どんなに適当に育てても育つ強い野菜です。
生えているものを見ると一見ただの草にしか見えないのですが、野菜を食べたい初心者には絶対にお勧めしたい品種です。キレイモ 全身脱毛

久しぶりの再会に大はしゃぎの子供

ゴールデンウィークにやっと休みが取れた弟が実家に帰省してきた。
そんな弟を待ち受けるのは、我が家のヤンチャざかりの幼稚園児の子供。
なぜか全く心当たりもないけれど、子供は弟が大好きで帰省してくると「おじちゃん」を連呼してまとわりついている。
自称、子供嫌いの弟もまんざらではないのか、帰ってくるといそいそと子供へのプレゼントを買いに出かけて行く。
段々、力がついてきて大きくなってきた子供だけど、まだ力加減というものを知らないから私もいつも遊んでいて痛い思いをするのだが親は日常茶飯事だが、たまに帰ってくる弟にはキツかったようだ。
弟がゴロンと寝転んでいると、すぐに上に乗っかってべたーっとくっついて、まるでコバンザメのようで見ている方は笑えてしまうが弟は子供の細い肘の骨が当たったりしてかなり痛かったようだ。
何とかしてくれよーと言われても、普段から私は痛く当たらないように自分で向きを変えたりしているから注意も難しい…。
そして、子供は弟との再会が嬉しくて嬉しくてとても止まりそうにも、話も聞けそうにもない。
一応、子供には注意するものの止まる事はなかった。
この今の体験を弟の子供の時に生かしてもらえるといいなぁ…と思っているうちに弟は都会へ帰っていった。
子供はまた夏の再会を今から楽しみにしているが、はたして弟はどうなのだろうか…。キレイモ 33箇所